閉じる

古町5番町の水島新司まんがストリートを歩く

古町5番町の水島新司まんがストリートを歩く

新潟市の古町にある通称「ドカベンロード」。ドカベンなどのマンガで有名な水島新司さんのキャラクター銅像が並ぶ商店街モールです。

IMGP6154

新潟市民にも、県外から観光に訪れた方にも親しまれる「ドカベンロード」。実はドカベンに出てくるキャラクターの銅像は7体中4体だけだというのをご存知でしたか?

IMGP6156IMGP6155IMGP6157

正確には、ドカベンロードではなく正式名称「水島新司まんがストリート」。躍動感ある銅像が印象的です。

景浦安武(あぶさん)

IMGP6158

景浦安武(あぶさん)

酒豪の強打者。物干し竿と呼ばれる長いバットを愛用。南海ホークスに入団以来ホークス一筋。1973年に連載開始し、2013年12月時点でも連載が続いている「あぶさん」の主人公です。日本で最も長く連載が続いているスポーツ漫画だそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AF%E6%B5%A6%E5%AE%89%E6%AD%A6

水原勇気

IMGP6164

水原勇気

日本プロ野球史上初の女性選手。伝家の宝刀「ドリームボール」を武器にストッパーとしての起用が多かったそう。「野球狂の詩」のほか数作品に登場。これがそのドリームボールを投げる瞬間!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%8E%9F%E5%8B%87%E6%B0%97

IMGP6165

今回、じっくり回っていて初めて女性だったとしりました。うむ。確かに女性。

岩田鉄五郎

IMGP6170

岩田鉄五郎

「野球狂の詩」をはじめさまざまな作品に登場。超遅球「ハエ止まり」が得意の変化球。「球聖」の異名を持ち、間違いなく生涯現役を張る男。うう~かっこいい!!銅像の表情もいい表情ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E7%94%B0%E9%89%84%E4%BA%94%E9%83%8E

殿馬一人

IMGP6171

殿馬一人

そしてお待ちかねのドカベンから。天才打者の殿馬は音楽センスを活かした「秘打」が代名詞。語尾につける「づら」は長野、静岡、山梨で使われる方言。長野県出身の私は実は愛着ある方言で、ドカベンの中では殿馬が一番好き。銅像のひょうひょうとした表情もいい味。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%BF%E9%A6%AC%E4%B8%80%E4%BA%BA

里中智

IMGP6166

明訓のエース、小さな巨人、里中智!168cmアンダースローの苦労人。作中でもファンの間でもアイドル扱いでしたが、主人公山田太郎の妹、サチ子と結婚しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E4%B8%AD%E6%99%BA

岩鬼正美

IMGP6173

岩鬼正美

悪玉打ちの豪快野郎、岩鬼!「グワァラゴワガキーン!」の打球音でおなじみだが、実は守備が上手い。1番、サード。そして、とにかく口数が多い愛されキャラ。トレードマークは、加えた葉っぱ。調子がいいと花が咲く。

IMGP6177

銅像にもしっかりと葉っぱ。実はこの葉っぱ、過去にいたずらや盗まれたりしたため、取り外し式に。担当の人が朝つけて、夕方外すとか。夜に行ったら葉っぱのない岩鬼に出会えると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E9%AC%BC%E6%AD%A3%E7%BE%8E

山田太郎

IMGP6167

そして、この後ろ姿が・・・

IMGP6168

山田太郎

ドカベンの主人公、山田太郎!あだ名の「ドカベン」は、ご飯だけを詰めたでっかい弁当(ドカッと大きいドカ弁=ドカタの弁当箱)を使っていたため。キャッチャー、バッターとしての才能は超一流。しかし、鈍足で、ライト前ヒットがライトゴロになることも。中学のときは柔道部。気は優しくて力持ちの代名詞。

新潟県新潟市旭七ヶ町生まれ。今の新潟大学医学部の周辺ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%A4%AA%E9%83%8E_(%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%99%E3%83%B3)

 

と、水島漫画ファンにはたまらないドカベンロードの紹介でした。ただ通り過ぎていただけですと、「銅像あるなぁ」くらいの印象でしたが、キャラクター一人ひとりのエピソードを調べながら見ると、思い入れが強くなりますね!今でも若い人が銅像と写真を撮っている姿を見るとほほえましく思います。もっと、上手に銅像を活用してくれればいいのですが、今後に期待です!

qL2FOP8f

ライター 唐澤頼充(新潟のライター/リサーチャー)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top