閉じる

燕三条系の老舗!中華亭で中華そば大油を食す

燕三条系の老舗!中華亭で中華そば大油を食す

新潟四大ラーメンのうちの一つ、燕三条系ラーメン。その老舗として名高いのが三条市の西裏館にある「中華亭」です

IMGP6786
IMGP6785

ここは、燕三条系ラーメン店の中でも名高い「杭州飯店」と並んで有名なお店だそうです。店の外観からはまったく想像できませんが、「燕三条系の正統派がこの店だ!」と知人の推薦店。時は12月24日、クリスマスイブの18:00頃。まさかラーメン屋で一人でイブを迎えるとは・・・とほほ。この時間、私以外誰もいませんでしたねぇ。

IMAG1583
IMAG1582

店内はカウンターとテーブル席がいくつか。レジ奥に座敷席っぽい席が1つあります。一人だったのでカウンターに座り、メニューを見上げます。

うむ。どれを頼めばいいのか良くわからなかったので、一番右の中華そば650円を注文。「油はどうしますか?大油?中油?」と聞かれちょっとキョどる私。「油」とは背油の量のことですよ~。「あ、大油で」と注文すること数分、お待ちかねの中華そばが運ばれてきました。

IMAG1584

おおぅ!背油で何も見えません。麺はもちろん、チャーシューやメンマといったトッピングもまったく見えませんよ!

ちなみに、燕三条地域でラーメンに背油がかけられるようになったのは、工場労働者へ出前を運ぶ際に、「冷めにくく」するためだったそうです。また太麺なのは「伸びにくく」するため。醤油味が濃いのは肉体労働者の「塩分補給のため」だとか。この地域ならではの歴史があり、今のスタイルが生まれたんですね。

IMAG1585

背油のふたをかき分けて見るとこんな感じ。チャーシューとメンマ、それにこの太麺とシンプルなラーメンです。後から調べたら玉ねぎを無料でトッピングできるそう。知らなかった・・・

スープからは煮干の香りがふわ~っと。そして強い醤油の味!ちょっとすっぱいくらいが、「これぞ燕三条系!」という感じがします。背油たっぷりの見た目に比べるとさっぱりした印象のスープです。

うにょうにょとした麺。そして味付けの濃いメンマがなんとも言えないバランス!おぉー完成されているなーと、燕三条地域の歴史を感じてしまう一杯でした。

途中、醤油味が濃い目のスープでのどか乾いて来たのですが、あれ?お冷がない?店内を見渡すとセルフサービスでした。ラーメンが来る前に取りに行っておくことをお勧めします。

燕三条系ラーメンを語るなら、一度は食べておきたい老舗。三条にお立ち寄りの際はおすすめしたいお店です。

  • 中華亭:新潟県三条市西裏館1-14-21
  • [平日]11:30-14:30 17:00-21:00
  • [日・祝]11:30-14:30 17:00-20:00

 

ライター 唐澤頼充(新潟のライター/リサーチャー)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top