閉じる

春爛漫。五泉市の花暦

春爛漫。五泉市の花暦

この記事のライター 梅澤 彩花(フリーランス)

五泉は春になると水芭蕉、桜、チューリップ、牡丹が咲きます。とても賑やか。

全てに行ってこられたので、ご報告レポします。

水芭蕉公園 (3月下旬~4月上旬)

吉清水など、湧き水が豊富な地域に水芭蕉公園はあります。

約3万株のミズバショウが見られる公園には、遊歩道が整備されています。

hanakoyomi01

山から水が流れ込んでいて、冷たく清らかな感じ。

hanakoyomi02この時期は雪も残っていて、肌寒いです。

少しあたたかくして行くといいかもしれません。

桜 (4月中旬ころ)

五泉の桜の名所と言えば、村松公園。でも駐車料金が500円と少し高い!

他にも、粟島公園や桜橋などがあります。

hanakoyomi03

hanakoyomi04

個人的には小山田彼岸桜樹林がおすすめ。平成3年に国指定天然記念物になっています。

少し急なハイキングコースです。熊よけの鈴を持っていく方も。

山あいに、ふんわり咲く桜を愛でるのも良いかと思います。

今年は公園の桜に目を奪われて、行くのが遅くなり、葉桜になっていました…

hanakoyomi10

hanakoyomi11

小山田の桜は、麓の桜が咲いたら、ほんの少し遅く咲き始めます。

チューリップまつり (4月下旬~5月上旬)

150万本のチューリップが咲く畑です。

チューリップは連作が出来ないので、少しずつ場所を変えながら栽培します。

hanakoyomi05

五泉のチューリップは観賞用というより、農家さんの作物。

球根を大きく育てるために、花を早めに摘みます。

hanakoyomi06

農家さんが花を摘む様子

週末には花摘み体験があり、球根が収穫されたら送ってもらえます。

ぼたん園 (5月上旬~中旬)

120種、5000株の牡丹が咲き乱れます。

大型バスの姿もちらほら。朝から写生されたり、物見やぐらから眺めてみたり。

hanakoyomi07

牡丹

東公園内にあるので、遊具や遊べる場所もあります。

それぞれ思い思いに過ごせる場所です。

牡丹の前にもシャクナゲ、シャクヤクが咲きます。

hanakoyomi09

シャクナゲ、シャクヤク

ピンク色の藤もあるので、ぼたん園の他にも園内を散策してみてはいかがでしょうか。

hanakoyomi08

読者の皆さんの、お近くの花の綺麗な場所は、いつ咲くのか。

目安を作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

以上、五泉の花暦でした。


梅澤彩花ライター 梅澤 彩花(フリーランス)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top