閉じる

新潟東港の外国文化レポその①「東港周辺を歩く」

この記事のライター 北 三百輝(きた さんびゃっき)

新潟市北区と聖籠町にまたがる日本海側唯一の中核国際港湾、新潟東港。

その周辺には外国人コミュニティが存在する。全3回に渡り、新潟に根付く外国文化にスポットライトを当てレポートをしてみた。

第1回目は「東港周辺を歩く」。東港周辺にはロシア人やパキスタン人のコミュニティが存在しているといわれている。

彼らの多くは港周辺で中古車販売の仕事に従事しているらしい。

IMG_0750

東港内に積み上げられたコンテナ群

 今回は、東港西岸にある横土居という集落に行ってみた。

大通り沿いに「山際」という廃業したと思われる料亭がある。午前11時ごろ、そこの駐車場に車を停めた。隣には有名なカレー屋さん「ナイル」がある。

車を降りて数歩歩いたところで赤い日本車が目の前を横切った。乗車していた数名は外国人風の風貌(ロシア人?)で、こちらを警戒したような目つきで何度も見てくる。

いかにもよそ者、といった雰囲気で田舎道を散歩するかのようにして歩いているとちょっと奇異な目で見られても仕方ないのかもしれない。って、待てよ。どっちが外国人なのか分からなくなってきた。それほどまでにこの横土居周辺は「外国人テリトリー」といった感じの一種独特な空気で満たされている。

さて路地を曲がって本格的に散策開始。

元は畑だったと思われる敷地に中古車をところ狭しと並べた販売業者が密集している。敷地の中央もしくは道路側にプレハブ小屋が立っていて、それが業者の事務所になっている。プレハブ小屋の壁面にホワイトボードが貼付けてあって、そこには「代表取締役」という肩書きの隣にカタカナでパキスタン系と思われる人名が手書きで書かれていた。

IMG_0760

横土居。中古車業者が軒を連ねる一帯

それに目を引くのがロシア語、ウルドゥー語(パキスタンの公用語)で書かれた看板だ。どういった意味の文なのかは分からなかったが業者の広告であることは間違いない。それから道路標識にも外国語が使われていた。

IMG_0754

木崎コミュニティ会議防犯部会?何やら物騒な雰囲気が。

IMG_0752

しかしなんと書かれているのだろう。「一方通行」(?)だろうか。

販売業者の区画を抜けると普通の住宅街が広がっている。外国から日本に帰国したときのような安心感を覚えたので思わず笑ってしまった。歩いていると何度か犬に吠えられた。個人宅で飼われた犬なのだが、人が家の前を通っただけでよく吠えてくる。番犬としてよく訓練されているということなのだろうか。

「たばこ」の看板がある町の小さな雑貨店のような場所に行き当たったので入ってみた。井浦商店という店だ。店に入ると60歳後半くらいの店主が出て来た。軽く挨拶して町の様子を聞いてみることに。

 

―道路脇に外国語の標識のようなものがいくつも立っていますがあれは何なのですか? 

店主:ああ、あれね。昔はこの店の前の道路にも外国人の中古車販売業者の車が何度も行き来してたんだよ。でも最近は数が減ったねえ。関税が高くなって商売が難しくなってきてるみたいだよ

―(地域として)外国人との関わりは多いんですか?

店主:特にないね。君はどこから何しに来たの?

―新潟市西区から来ました。東港の外国人と話をしてみたくてちょっと調査に来たんです。ところで道路沿いの山際って店ご存知ですか?あそこの駐車場に車を停めてしまったんですが大丈夫ですかね?

店主:大丈夫だよ。山際は奥さんが無くなってから閉店したんだよ。5、6年前だったかな。それにしてもこの辺は何にも無いだろう。向こう側の「ほうせい丸」という食堂は流行ってるみたいだよ

―そうですか。しかし今日は冷えますね。何か温かいもの売ってませんか?

店主:無いな。プラント4に行けば何でも売ってるよ。うちには何にも無いだろう。そろっと店を閉めるかも

 

そう言って店主は笑った。気さくな人で何でも教えてくれそうな雰囲気だった。でも外国人に関する情報はあまり得ることができなかった。(あ、道路標識の日本語訳を聞くのを忘れてた。)

井浦商店を出て「山際」の駐車場に戻った。戻る際に住宅街から東港の赤いクレーンが見えた。

IMG_0757

横土居から見える東港のクレーン

ここは日本のはずなのに、いかにも「外国人テリトリー」といった感じのエリアに驚きを隠せなかった。一通りの散策を終え、カレー屋「ナイル」に入ることにした。

―次回「新潟東港の外国文化レポその② 外国人だらけのカレー屋『ナイル』」に続く

スポット情報

新潟港湾事務所東港区

  • 住所:957-0101 北蒲原郡聖籠町東港4-1214 新潟地域振興局新潟港湾事務所東港分所
  • Tel:025-256-2503
  • FAX:025-256-2765
  • E-mail:ngt112151@pref.niigata.lg.jp
  • WEB:http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_kouwan/index.html

ライター 北 三百輝(きた さんびゃっき)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top