閉じる

ロシアン笹団子、本日発売!!(4月1日)

ロシアン笹団子、本日発売!!(4月1日)

この記事のライター 伊藤薫(国際イメージコンサルタント)

本日、新潟県内の笹団子店で発売開始となったロシアン笹団子。

結束された五個入りのうち一つは、あんこではなく大量のかんずりが入っているというもの。

噂を聞きつけた県内の大学へ通う学生ら4人組が、さっそくこのロシアン笹団子に挑戦するというので取材に駆けつけた。

sasadango1

五個入りなので急遽、わたくし伊藤も参戦。

笹を剥いたところで匂いを嗅いでみたが、ヨモギの匂いに消されどれがかんずりかはわからない。

sasadango2

5人一緒に食べてみた。

sasadango3当たりを引いたのは、新潟市在住の阿部さん。

想像以上に辛かった様子だ。

「一口食べてみて、すぐかんずりだとは気付きましたが、かんずり自体好きなので余裕の辛さだと思いました。けれど、噛むほどに辛さが増し耐え切れませんでした」

と、涙ながらに食べた感想を教えてくれた。

新潟大学に通う長岡亮輔さん(21)は、「ドキドキ感が堪らなかった。自分のは甘くておいしい笹団子で安心したが、阿部さんの表情を見ていたらどんだけ辛いのか少し体験してみたくなった。今夜は学生寮の仲間ともう一度食べます」と、3セット購入していた。

sasadango4

かんずり入りの笹団子を切ってみると、これでもか、というほどたっぷりのかんずりが溢れ出してくる。

このような大量のかんずりは私も食べたことがない。

日本笹団子協会の会長、笹川團伍郎氏(81)は「近年、新潟名物笹団子のイメージは薄れてきており、特に新潟県出身の若者の間では笹団子離れが急激に進んでいる。このロシアン笹団子は新潟大学の学生と共同開発したもの。若者向け笹団子として積極的に販売したい」と語り、ロシアン笹団子に今後の県産笹団子の命運をかけた。

10151558_612358595512534_446693466_nなお、本日は新年度の始まりの4月1日です。


伊藤薫ライター 伊藤薫(国際イメージコンサルタント)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top