閉じる

お祭りでなくてもポッポ焼きが楽しめる!?セブンの黒糖蒸しパンがうまい

お祭りでなくてもポッポ焼きが楽しめる!?セブンの黒糖蒸しパンがうまい

この記事のライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

新潟のお祭りの定番といえば「ポッポ焼き」。見た目は茶色。細長くて、やや扁平な形状をしていて、黒糖の甘さと、もちもち感が癖になるお菓子です。

特に下越地方では、ポッポ焼きの屋台があれば行列ができているほど。私は新潟に来て初めてぽっぽ焼きの存在を知ったのですが、お祭りの時の行列にはびっくりしました。

IMGP6920お祭りでは、複数のポッポ焼き屋台が出店していると、大行列ができている屋台や、人がまばらな屋台が。新潟の人に聞いてみたら、「上手な屋台を選んで並んでいるんだよ」とのこと。新潟人のポッポ焼きへのこだわりは相当なもののようです。

そんなポッポ焼きが、なんとセブン-イレブンの店頭に並び始めました!

IMAG1854

ポッポ焼き風 黒糖蒸しパン!!これは買うしかない!

IMAG1857

見た目はこんな感じ。本物のポッポ焼きをかたどったような見た目です。

IMAG1859

ちぎってみると、ふんわり蒸しパンという見た目。本物のように中が「ちょい生」とは行かないみたいです。

そして味の方は・・・なかなか美味い!!

IMAG1862

本物にはちょっと劣るものの、黒糖の甘さとしっとりとした食感!そしてもちもち感!!なかなかのレベルで再現されています。もちもちなので、お腹にも結構たまりました。

本物のポッポ焼きは冷めると味が落ちますが、こちらのパンは冷たくても甘みが十分。本物と比べると、柔らかくまるごと手に持って食べるのは難しそうですが、この味を楽しむとなんだかお祭りに来ている気分になってしまいます。すっかり私も新潟人のようです。

IMAG1860

さて、この黒糖蒸しパンを製造しているのはどこかな?と思って見てみたら、名古屋のフジパン株式会社さん。あぁ・・・新潟の会社じゃないのか・・・と思いつつも、県外企業がこういうことをやっているというのはありがたいことだ!と気持ちを切り替えました。

新潟人が食べれば何でもない日でもお祭り気分が味わえる黒糖蒸しパン!おすすめです!


唐澤頼充ライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top