閉じる

ゆるっと高柳レポ No.1「ガルル 三千の風車」

ゆるっと高柳レポ No.1「ガルル 三千の風車」

この記事のライター 雪野瑞谷

 

ご無沙汰しております。雪野瑞谷です。

最近わけあってよく僕が居させてもらっている、柏崎市の山のほう、合併前は高柳町。
そこでなんかいろいろ面白い事があるのでレポします。クセのあるレポですがどうぞお許しくださいませ。

突然ですが、いや時節柄突然でもないでしょうが、みなさま、暑中お見舞い申し上げます。

いやあ、暑いですね。

それにしても暑いですね。

風が欲しいですよね。

サマー・ブリーズが恋しいですよね。

でもクーラーより扇風機派。

扇風機はいいけど、宇宙人の声ごっこするのももう飽きた。

そんなあなたにぴったりの、沢山の風車が回るイベントがありました。

1

ここは『高柳ガルルのスキー場』。冬はスキーヤー・スノーボーダーで賑わう斜面。

なんか点々が見えますね。寄ってみましょう。

2

なんと、大量の風車が。

えーと、最初みたときはびっくりしました。この風車が一斉に回っていたんです。

3

気持ちのいい山風に、カラカラカラと回る風車の、聞き分けきれないほど重なった音。

そして周りは蝉の声だけ。そして奥へと誘う山なり。

まるでここは極楽か、幻のような風景でした。

4

風車はスキー場の輪郭をなぞって、なだらかに、そしてダイナミックに配されていました。

十二単をめかした平安の貴族が、扇子を片手に風車の河を遊び、絨毯を敷いた紅い野点傘の下で座り、音を愉しんで涼んでいても、似つかわしい。

まあ、僕はシュールな妄想癖が強いので僕のいうことは気にしないでください(笑)

 

とにかく、圧巻で、涼しげですよ。

 

さて、気をつければこの中を歩いてもいいようです。これもまた一興。

それに、

5

ほら、風車ひとつひとつも綺麗。

この構造体も、よく見てみると細かい工夫がいっぱいあって、面白いです。そして美しい。

機能美?ちっちゃな建築?とも言えるかも。

6

さて、ポスターがありました。

DSC_2918

その数なんと3000本!

この「風車のインスタレーション」、アーティストは根岸和弘さんによるもので、黒姫山の稜線や、大空にかかる虹を表現したそう。

しかも、14日夕方からはキャンドルナイトが催されるそうです。仮装盆踊りも。

また、その日10時半からは、

DSC_2919

音楽家滝沢卓さんによる、シンセサイザーコンサートもあるそう。

風と電子音、面白そうですね。

 

風車が設置されているのは、8月21日まで。

夏休み中に、ぜひいってみてください。

または、ちょっと想像でもしてみてください。なだらかな稜線に吹く風と、三千の風車の回る音を。

 

あ、追伸。

入り口が住宅街で狭いので、車で行く際にはお気をつけください。

ではまた、次のレポで。

 

根岸和弘「風車のインスタレーション

  • 場所:高柳ガルルのスキー場
    http://www.garuru-kururu.jp/
  • 住所:〒945-1502 柏崎市高柳町岡野町1709
  • 期間:開催中〜8月21日(日)
  • イベント:8月14日(日)10:30〜 滝沢卓シンセサイザーコンサート
    夕方〜 キャンドルナイト
    19:00〜 仮装盆踊り大会

雪野瑞谷ライター 雪野瑞谷

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top