閉じる

新潟市古町のステキな古着屋さん「Cranberry Candy」に行ってきた|Jessica’s Boutique/Maison de Jacqueline

新潟市古町のステキな古着屋さん「Cranberry Candy」に行ってきた|Jessica’s Boutique/Maison de Jacqueline

鶴巻健太この記事のライター 鶴巻健太(Webライター)

古町にある古着屋さん「Cranberry Candy:クランベリーキャンディ」のショップレポです。

今は名前が変わって「Jessica’s Boutique:ジェシカ」「Maison de Jacqueline :ジャクリーヌ」になっています。

ジェシカ・ジャクリーヌに行く時の注意点/魅力や雰囲気/ココを見て!というポイントをまとめました。

Maison de Jacqueline/Jessica’s Boutiqueに行く前の注意点3つ

ジェシカ・ジャクリーヌに行く前に、次の3点に注意してください。これを心得ずにお邪魔すると、オーナー&スタッフから厳しいおしかりを受けるかもしれません。

  1. 古着屋さんじゃない
  2. ワイワイ・ガヤガヤし過ぎないこと
  3. 商品の扱いには細心の注意を

古着屋さんじゃない

「え?古着屋さんに行った〜っていうレポなのにどういうこと?」と思うかもしれませんが、ジェシカ・ジャクリーヌは古着屋じゃありません。

【アンティーク・骨董】という視点を持って行ってください。そもそも論として、置いてあるモノのクオリティが違います。

1940年代〜1950年代のモノは当たり前、100年以上前のモノなんかも置いてありますからね。

その辺の古着屋さんだと、70年代〜80年代(古くても60年代くらい?)のモノがメインだと思います。最近では90年代〜のモノが当たり前のように置かれていますが・・・。

あと「古着って安いんでしょ?」っていうイメージを持って行くと瞬殺されます。マジで。これに関しては、ある程度古着を知っていればわかるかと思います。

安さを求めるなら、セ◯ストに行きましょう。

ワイワイ・ガヤガヤし過ぎないこと

ジェシカ・ジャクリーヌは世界観がめちゃくちゃ素敵です。ワイワイ・ガヤガヤすると、その世界観が壊れてしまいます。

【断じてNG】ではありませんが、その辺は空気を読みましょう。他のお客様がいらっしゃる時は特に。

「ジェシカの服を見てるのは、あなただけじゃありませんよ」ってことをお忘れなく。ワイワイ・ガヤガヤしながら買い物を楽しみたいなら、そういうお店に行きましょう。

ちなみに・・・

オーナーやスタッフさんは気さくで素敵な方です。服に関する時代背景なんかを質問すれば、快く・分かりやすく・丁寧に説明してくれます。

で、話しているうちにテンションが上がってしまった〜というのは全然OK。【会話の内容次第】ということですね。

商品の扱いには細心の注意を

上述したように、ジェシカ・ジャクリーヌで扱っているモノは【アンティーク・骨董】です。何十年も前に”人の手”で作られたものがズラッと並んでいます。

「それは100年前に作られたモノです」

こう言われたら・・・雑に扱えるワケがありませんよね。見る時は1枚1枚丁寧に見ること、試着したいな〜と思ったら勝手に着ないでスタッフに聞くこと。

見方・扱い方さえ丁寧にしていれば問題ありません。

Maison de Jacqueline/Jessica’s Boutiqueってどんなところ?

  1. まるで美術館のような世界観
  2. スタッフが個性的
  3. オーナーが命がけで仕入れ

まるで美術館のような世界観

ジェシカのディスプレイや雰囲気は、まるで美術館のようです。

ただ並べるだけ・置くだけなら誰でもできます。が、ジェシカのディスプレイはオーナーの「カバさん」の情熱がたっぷり注がれています。

光の当たり方と影の位置、服のたるみ具合。普通の人が見ないような細か〜〜〜〜〜〜い場所をめちゃくちゃ意識しています。

この辺を意識しながらジェシカの中を見ると・・・マジで楽しい。何時間でもいれる。

スタッフが個性的

ジェシカには日替わりでスタッフが入っています。カバさんに負けないくらい個性的なスタッフたちです。

最初は緊張でなかなか話せないかもしれませんが、スタッフみなさんもれなく気さくです。質問すれば優しく答えてくれます。服に関係ない話もできます。

ちなみに、僕は服を買うよりもスタッフとの会話を楽しみにして行く〜ということも多々あります。MAXで4日連続・それぞれ2〜3時間滞在しました。(ちゃんと仕事しろっていうツッコミはなしでお願いします)

オーナーが命がけで仕入れ

ジェシカ・ジャクリーヌに置いてあるモノは、カバさんが自らの足でフランスに行き、直接仕入れているモノです。

指定日になれば送られてくる〜というモノではありません。

フランスまで飛んで、向こうでも移動しまくって、1つ1つのモノと対話をして、仕入れて。ようやく店頭に並べられます。

その服を着ていた人の心・その道具を利用していた人の心・そしてカバさんの心。3つの心が込められたモノがジェシカ・ジャクリーヌには並べられています。

Maison de Jacqueline/Jessica’s Boutiqueの雰囲気

ここからは写真で雰囲気を伝えていきます。ただ・・・写真じゃ雰囲気が伝わらないのが悔しい。

雰囲気を味わいたいなら直接足を運びましょう!

Maison de Jacquelineの雰囲気

撮り方が下手くそですんません・・・

2015-01-24 14.23.43

Maison de Jacquelineに置いてあった服

過去形です。こういう服は今「ジャクリーヌ」の方に置いてあります。

2015-01-24 14.06.21

前はつなぎとか置いてあったんだな〜・・・懐かしい。

2015-01-24 14.06.16

ブロカントエリア。(ブロカントとは”美しいガラクタ”という言葉が語源になっているんだとか)

2015-01-24 13.45.081521320_260100817481482_51829646_n

Jessica’s Boutiqueの雰囲気

ディスプレイはちょくちょく変わるけど、入った時はこんな感じ。僕はここが一番好きな場所。ここに座って飲み明かしたい。

dce1536dc013f1b4dd9b4d0c0bc5d8ae

ワークシャツとサロペット、めちゃくちゃ可愛い。サロペットを試着した時は笑われたな〜・・・。

8c7e0d4a659b5e53f61dcf90b1204a9d

カバさんの私物で参考商品的に飾られてるワークジャケット。普通に見ればただのボロだけど、この具合がたまんないんだよね・・・。好きな人はマジでこういうの好きだから。

ebb4e4b70ca6cee85b7a1ba9b48db2e7

Maison de Jacqueline/Jessica’s Boutiqueについてのまとめ

  • 並んでいるモノは【アンティーク・骨董】だから、その辺の古着屋と混同しないこと
  • オーナーやスタッフを会話を楽しむのはOK/空気を読まずうるさくするのはNG
  • 見方・扱い方は丁寧に。試着する時はスタッフに一言

ジャクリーヌ・ジェシカは【美術館】という意識を持って行くといいのかな?と個人的には思っています。並んでいる服・ブロカントはもちろん、ディスプレイ一つ一つにも情熱が注がれていますからね。

ちなみに・・・

僕の大好物は【ワーク】です。ワークジャケット/ワークパンツ大好き。リペア最高。ボロ最高。

 

お店情報

Jessica’s Boutique/Maison de Jacqueline

  • 住所:新潟市中央区古町通2番町665-8
  • TEL:025-226-3830

鶴巻健太この記事のライター 鶴巻健太(Webライター)

 

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top