閉じる

佐渡路線バスの旅その1 島内フリーパスで佐渡縦断!

佐渡路線バスの旅その1 島内フリーパスで佐渡縦断!

あらきやすしこの記事のライター あらきやすし(会社員)

佐渡は、東京23区の約1.5倍、伊豆大島の約10倍と、とても広い島です。その佐渡の中には鉄道は無く(計画はあったのですが実現しませんでした)、路線バスが島内各地を結んでいます。

観光客向けには「定期観光バス」も便利なのですが、一般の「路線バス」は本数も少なく、観光地巡りには不便という事でお勧めしてきませんでした。しかし最近はお得なフリーパスが販売されたり、週末を中心に観光地へ迂回運転もするようになるなど、路線バスでも佐渡観光が楽しめるようになってきています。

そこで今回、両津から南部の小木・宿根木へ、そして真野を巡る「路線バスの旅」を敢行してきました。

sado-bus-01-01

今回利用するのは、両津~真野の「南線」、真野で乗り換えて「小木線」、さらに「宿根木線」と乗り継ぐぎ、再び真野へ戻り、酒蔵見学を楽しもうという計画です。移動距離にして80km超。

新潟始発のカーフェリー(AM6:00出航)に乗船し、両津港へ。『ときわ丸』に乗れたので、AM8:20に到着です。

佐渡島内路線バス フリーパス乗車券を購入

ここでまず『佐渡島内路線バス フリーパス乗車券』を購入します。

sado-bus-01-02(7月19日より、券はスクラッチ式に変更になっています)

このフリーパス、1day、2day、3dayの3種類があります。1dayなら大人1, 500円で、佐渡島内の路線バス(ライナーバス、定期観光バスは除く)が1日乗り放題になります。2dayだと大人2, 500円で二日間乗り放題、さらに「施設利用券」500円分が付いてきます。3dayは大人3, 500円(施設利用券1, 000円分) (小人は施設利用券は半額分が付きます。詳しくはコチラでご確認ください)

「施設利用券」と言っても、沿線の観光施設から飲食店、お土産品等の物販店など、幅広いお店で使用できるので、とてもお得です。

路線バスで両津から小木へ

フリーパスを片手に、両津から小木へ向かいます。

佐渡の路線バスの中でも主要幹線となっているのが、両津から佐和田を通り相川まで行く「本線」と、両津から真野を経由して佐和田へ行く「南線」の二本です。小木へは、南線に乗って真野まで行き「小木線」に乗換えです。

バス停で並んでいると、すぐ後ろに観光客っぽいご夫婦が。聞けば同じく路線バスで小木まで観光へ向かうところとか。これも何かのご縁という事で、小木までご一緒する事になりました。

「南線」は実は2年ほど前にも「路線バスの旅」に挑戦した路線です。沿線には「トキ保護センター」や、茅葺屋根の能舞台が有名な大膳神社、五重塔で有名な妙宣寺などがあります。

2年前は行っていなかった観光地経由ルートでの運行です。トキ保護センター(トキの森公園)や、大膳神社・妙宣寺も経由していきます。真野のちょっと手前、「佐渡歴史伝説館」で乗り換えです。

sado-bus-01-03

小木に到着!

「小木線」に乗換えて約55分、両津を出てから約1時間50分で、小木へ到着です。(AM10:32)

ここから「宿根木」へ行きたいのですが、「宿根木」行きのバスが出るのは約2時間後。さて、何をしようか迷うところです。

小木のバス停のすぐ近くに「幸丸展示館」と書かれた白い建物がそびえています。

『佐渡海峡最後の和船』という文字も見えます。

そう、ここには実際に昭和36年まで使われていた、佐渡海峡最後の和船の実部鵜が展示されています。

すぐ隣にある「海洋資料館」と一緒に見学できます。先ずは「海洋資料館」で入館料を払います。海洋資料館(館内撮影禁止でした)では、小木港を中心とした、佐渡の海洋に関する、古代から現代まで歴史や様々な資料を見ることが出来ます。

そしてこちらが幸丸です。sado-bus-01-04近くで見ると、結構大きいです。そして、年季の入った感じが、実際に使われていたんだと実感できます。

さて、まだもう少し時間があります。小木、と言えば有名なのは「たらい舟」です。

sado-bus-01-05小木港のすぐ近く、「力屋観光汽船」さんでたらい舟の体験乗船ができます。

湾内一周、約5分ほどですが、これがなかなか楽しめます。

なんだかんだで時間もお昼前です。バス時間もあるので、少し早めに昼食にします。

小木港ターミナルすぐ隣にある「小木家」さんで、「佐渡天然ブリカツ丼」を頂きます!

sado-bus-01-06「佐渡天然ブリカツ丼」は、佐渡の新・ご当地グルメとして開発されました。その名の通り、佐渡の特産品である「天然ブリ」をカツにした丼です。地場産の米粉を衣に使い、佐渡の特製あごだし醤油ダレごはんも佐渡市認証米「朱鷺と暮らす郷」(コシヒカリ)という、佐渡産に拘った丼です。

「佐渡天然ブリカツ丼」は、新潟でもイベントなど(新潟冬・食の陣、うまさぎっしり博 など)でたまに食べることが出来るのですが、いずれもハーフサイズになります。佐渡でないとなかなか味わえないご当地グルメに満足しつつ、「宿根木」行きのバスに乗り込みます。

(続きます)

スポット紹介

海洋資料館・幸丸展示館

  • 開館時間       8:30~17:00
  • 入館料           大人200円 小・中学生100円
  • 休館 12月29日~1月3日、12月・1月・2月の土日・祝祭日

力屋観光汽船

  • たらい舟体験乗船       大人500円 子供300円(団体割引有り)

小木家


あらきやすしライター あらきやすし(会社員)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top