閉じる

佐渡には文化がある。佐渡市両津の椎崎諏訪神社「薪能」

佐渡には文化がある。佐渡市両津の椎崎諏訪神社「薪能」

この記事のライター 北 三百輝(きた さんびゃっき)

7月5日(土)午後7時半より椎崎温泉近くの椎崎諏訪神社で行われた薪能に行ってきた。場所は両津港から金井方面とは逆の方向、通称南線と呼ばれる道を約3kmほど行ったところだ。

1-bOWsL6TH_AxzRU28qIFXgw

温泉入口から神社入口までは歩いて数十歩。午後7時過ぎの会場周辺はすでに来乗客が乗って来た車で車道左側が埋め尽くされており、駐車スペースを見つけるのが一苦労だった。結局車道左側の最後尾に付けることにした。周辺には観光客向けのホテルが数軒。宿泊客も能を見ようと神社に向かって歩いていた。

1-LOgwigMwYOJQ7nuvrK9SVg

休日の夕暮れ時のゆったりとした時間を夕涼みをするようにして神社の境内に入る。鳥居をくぐると受付のテーブルが設けられており、そこで入場料500円を支払ってパンフレットをいただいた。

1-fZK9HjPMIP22M3yh9XWD4A

今回の演目は「三輪」というもので、能面を被った女が神木の中に入り、しばらくしてから変身して出て来るという話だ。まあ、話の筋はさておき、私は能の音楽性に魅力を感じていて、意外にリズミカルだったりすると「おお〜!」となる。それから鼓を打つ人が放つ「よ〜」というかけ声も独特だ。ちょっと間の抜けたような「よ〜」が聞こえてくると気味の悪さと滑稽さが入り交じったような独特な雰囲気に飲まれていく。

1--822xq7mfNDv8S6OICe5MA

さて観客席から見た能舞台はこんな感じだ。

1-lX5krQKUvMygp7RZRf6JoQ
まあカメラを携えた人の多いこと。私もその内の一人だが。

1-D2RMuf74l8YaxSwK806Tww

最初に巫女から薪の火を受け取る儀式がとり行われた。幻想的な雰囲気で会場が満たされていくのが分かった。

1-2Ff0pd1BP4cshl-bzNKmyg1-fbiHL5UnU42qC8oPEddFLw

観客席から見て舞台左の通路から面をつけた女役がそろりそろりと登場してきた。

1-Gq6V2i1kNw4pa25tjBYrfA1-KeoNjSgU095b01HWBx2kag

ではこの辺から動画のほうが分かりやすいと思うのでぜひご覧ください。前編は神社入口から席についてから始まっています。後編は舞台が活況を呈しだしたあたりから始まっています。三脚ではない関係上、若干の手ぶれはご愛嬌ということで。

神木から出て来た神霊。まさに現実と非現実の接点。

1-XOrTUYTXVNzoSZpDa7LRvw1-Qc0mxFLHjPIKUgTzXp6f7Q

演目が終わり来乗客は家路につく。

1-b6YClb_CHdMxz5BXXhQ07Q

佐渡には文化がある。今回もそう改めて思った。

1-zAl8R-4s8GRncsVWt0-4fQ


ライター 北 三百輝(きた さんびゃっき)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top