閉じる

 新潟市観光循環バスで「春山登山展2014」巡りを満喫♪

 新潟市観光循環バスで「春山登山展2014」巡りを満喫♪

この記事のライター サカノ ヒロミ(イロハニ堂店主)

先日、上古町にあるhickory03travelers主催の春山登山展に行ってきました。

春山登山展とは、「新潟の春がもっと楽しくなりますように」をモットーに2009年に始まったアートフェスティバルです。若手の作家さんが個性的な空間で展示を行うのが特徴です。

sakano1-3

今年の会場は、日本海タワー・新潟市美術館ミュージアムショップ・ヒッコリースリートラベラーズ・蔵織の4箇所。徒歩でまわるのは ちょっとキツイなぁと思い、今回は新潟駅で「新潟市観光循環バス1日乗車券」(大人¥500)を購入してまわることにしました。

sakano1-1

新潟駅から最初に向かったのが、ミュージアムショップ ルルル。2人の作家さんの展示と、ショップの可愛いグッズを物色。店内だけのオリジナルグッズや古本等も販売していました。

店内を見終わった後、次のバスが来るまで少し時間があったので、ミュージアムショップ前の公園で一休み。

sakano1-2

その日はちょうど天気も良く桜が咲いていて気持ち良かったです。

sakano1-4

次に向かったのは日本海タワー。私は今回初めて行ったのですが、展望台が床が動く回転式になっており、眺めも見晴らしが良くレトロな雰囲気に癒されました。

sakano1-5

sakano1-6

展示もエレベーターホールや階段、展望のまわりにあり、大人も子どもも楽しめる場になっていました。

その後、日本海タワーから古町側へ移動。ちょうど小腹が空いてきたので、新潟島お散歩マップ(ルルルの女子スタッフが作成し、日本海タワーで配布していたもの)に掲載されていた白十字に寄りました。

sakano1-7

このお店は新潟市で一番古い喫茶店のようで、昭和な雰囲気に和みました。また注文した焼サンドセットのトーストがサクサクで、挟んであるチーズとハムとの相性も抜群で、とっても美味しかったです。

お腹がいっぱいになったところで次の会場 蔵織へ。

sakano1-8

こちらの会場では、作家あんもさん等の楽しい作品からkikikoさん等の幻想的な空間が広がっていて、異空間を体験出来ました。

最後にヒッコリースリートラベラーズへ。2階で展示が行われていました。こちらでは作家さんと春山登山参加者が一緒に作りあげる展示場所もあり、面白い空間になっていました。

sakano1-9

今年の春山登山展もどの作品も個性的でずっと見ていたくなる企画になっていました。スタンプラリーもあり、ちゃっかり景品もゲット? 参加チケット¥500(前売り¥400)でこんなに楽しめてハッピーです。

また、今回はいつもと違って観光循環バスを使いました。平日に利用したこともあり乗車人数が少なく、小旅行気分が味わえて良かったです。 ちょうど桜が満開に近づいていて、バスに乗りながらキレイな桜並木を眺められ、癒されました☆

京都に行ってバス巡りをしているような、同じ町でもいつもと違う気分になりました。「新潟市観光循環バス」の名前だけあって、新潟市で是非行っておきたい場所を巡れるので、新潟に住んでいる方にもオススメです。

来年の春山登山展も参加するのが楽しみです。

イベント情報

春山登山展

  • 日時:2014年4月4日(金) ~ 20日(日)
  • 場所:新潟市古町周辺(hickory03travelers / 日本海タワー / 蔵織 / 新潟市美術館ミュージアムショップルルル)
  • 入場料:共通パス500円 (日本海タワー、ルルルは無料)
  • 主催:hickory03travelers
  • 公式サイト:http://www.h03tr.com/haruyama
  • Twitter:https://twitter.com/haruyamatozan5

サカノヒロミ ライター サカノ ヒロミ(イロハニ堂店主)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top