閉じる

営業停止前に行きたい。日本海タワーの回転展望台

営業停止前に行きたい。日本海タワーの回転展望台

この記事のライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

2014年6月30日で営業を停止する「日本海タワー」。

砂丘の上に建設された展望台は昭和45年(1970年)に開業されてから、50年弱。時代の流れに押され、その役割を終えようとしています。

新潟に住んで10年。存在は知っていたけれど、一度も行った事がなかった施設。営業停止前に生で見てこようと、冬の新潟では貴重な晴れ間が覗く日に登ってきました。

IMGP7096

正面の階段を登り中へ。

IMGP7098古い役所のような通路を抜けて受付へ。

IMGP7101

窓口で入館料を支払い。大人300円、子ども100円。IMGP7120

チケットと入り口のラックから取ったパンフレット。最初は「25分でめぐる~」の意味がわかりませんでした。展望台ってそんなに見るのに時間かかるかな?と。

IMGP7106

エレベーターを登り、階段へ。IMGP7109

階段には新潟の方言がたくさん貼ってあります。 どれも、年期の入った方言なのか、ひとつもわかりませんでした。階段はとても寒く、「まさか展望台には暖房がないのでは・・・」と心配しながら展望台へ到着。

IMGP7118

さっそく写真を撮っている方に遭遇。展望台は暖房が効き、日当たりも良くぽかぽか。
IMGP7119

初めてきたので知らなかったのですが、床がゆっくりと回転している!「25分間でめぐる・・・」というのは、展望台が360°回転するまでにかかる時間だったんですね。

IMGP7126 展望台にはテーブル席がありゆっくりと座って新潟の景色を楽しめます。

IMGP7127

喫茶もあるので軽食もOK。なんとWi-Fiも。パソコン持って来れば良かったと少し後悔。

IMGP7131 IMGP7125とりあえずトマトジュースを注文。ゆっくりと展望台が一周するまで過ごすことに。

IMGP7144朱鷺メッセにNEXT21。今では日本海タワーより高いビルがたくさん。

IMGP7122

万代シティ方面。越後平野と遠方には山脈。
IMGP7123ビックスワンとエコスタジアムもちらり。

IMGP7130

逆光ですが、弥彦山と角田山。
IMGP7134

海の向こうにはうっすらと佐渡島が見えます。

IMGP7137この日は、粟島も見えました。

IMGP7138 IMGP7140

新潟西港、東港方面。

ゆっくりゆっくりと回る展望台。自分が回っているのか、それとも景色が回っているのかわからなくなるような時間。館内放送では「ふるさと新潟よいところ~♪」と新潟市民歌がかかりノスタルジックな雰囲気。

どこか時代の流れからポツリと取り残されてしまったような、それでいて昔懐かしい雰囲気を味わうことができました。

日本海タワーの歴史

ただの展望台だと思っていた日本海タワー。実は、新潟市水道局の水道配水池である南山配水場の屋上を開放したものだったんですね。この南山配水場の貯水タンクは、建設当時は日本初の階層式配水池として注目を集めたんだとか。

IMGP7093

南山配水場は1968年完成。日本海タワーは、新潟市の水道創設60周年を記念して1970年8月にオープンしました。

ぐるぐると展望を回転させ続けてきた日本海タワーは2014年6月でその営業が終了してしまいます。

ぜひ、終了前までに一度訪れてみてはいかがでしょうか?4月からは入場料も無料になるそうですよ。

施設情報
  • 日本海タワー 2014年6月30日をもって営業終了
  • HP:http://www.niigata-ss.jp/tower/index.html
  • 営業時間 9:00~17:00(12月~2月は10:00~16:00)
  • 料金 おとな300円 こども100円
  • 定休日 木曜日、年末年始
  • 駐車場 あり(無料)
  • 住所:新潟市中央区旭町通2-5229

  • 大きな地図で見る

唐澤頼充ライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top