閉じる

懐かしい「かぼちゃ電車に」会える、旧月潟駅

懐かしい「かぼちゃ電車に」会える、旧月潟駅

この記事のライター あらきやすし(会社員)

新潟市内には現在、JR以外の鉄道(私鉄)がありません。

しかし、1999年(平成11年)まで「新潟交通」が「電車線」を運行していました。市民から『電鉄(デンテツ)』と呼ばれ親しまれた路線です。

00-tsukigata-densya

昭和8年に開業し、段階的に路線を伸ばし、「燕駅」から中之口川沿いを通り、「県庁前駅」(後の「白山前駅」現在の新潟市役所前付近)を結んでいました。また、当初は「県庁前駅」から柾谷小路・萬代橋を通り「新潟駅」まで結ぶ計画でした。もしこの計画が実現していれば、新潟の街の雰囲気はずいぶん変わっていたかもしれません。しかし、結局この計画は実現せず、戦後に自家用車が普及する電車線の利用者は減少し、段階的に路線を縮小し、ついに全線廃止となってしまいました。

全線廃止の際に終着駅となっていた「旧月潟駅」に、新潟交通電車線の車両が保存される事になりました。現在でも、黄色と濃緑の塗装から「かぼちゃ電車」とも呼ばれた電車線の車両が保存されています。

先日、久しぶりに「かぼちゃ電車」を見に月潟へ行ってみました。

02-tsukigata-densya

月潟の商店街の中に、当時の佇まいのまま、月潟駅の駅舎が残されています。

窓越しに、保存されている電車が見えます。

03-tsukigata-densya

駅舎の内部も当時そのままに残されています。

しかし、この日は施錠されていて、駅舎の中に入れませんでした。

04-tsukigata-densya

駅舎の前の坂を上っていくと、駐車場が整備されています。こちら側からホームに入れるようになっているので、駅舎が開放されていなくても、いつでも「かぼちゃ電車」を間近に見ることが出来ます。(冬期は除きます)

05-tsukigata-densya

駐車場も線路がそのまま敷設されていて、今にも「かぼちゃ電車」が動きだしそうです。

ホームに上がってみました。

06-tsukigata-densya

ローカル線の駅の佇まいが、そのまま残っています。そしてきちんと手入れされている事がわかります。

ホームの一角には、昔の電車線の写真などが展示されています。

07-tsukigata-densya

保存されている車両は3両あります。一つ目は、僕も乗った事がある、お馴染の客車です。「モハ10形」と言うそうです。

08-tsukigata-densya

車体にあったプレートには、昭和41年と刻まれています。日本車両という会社が製造したもので、昭和30年代を中心に全国の中小私鉄で活躍した規格なのだそうです。

二つ目は「モワ51形」と呼ばれる、貨物専用の車両(貨車)です。駅に設置されている案内板によると、1982年(昭和57年)貨物輸送廃止以降は除雪列車として活躍したそうです。

09-tsukigata-densya

三つめは、「キ100形」という除雪車です。案内板によると、1932年(昭和7年)鉄道省が製造し、国鉄の路線で活躍した後、新潟交通に払い下げられたとの事です。

10-tsukigata-densya

この駅舎や車両は「かぼちゃ電車保存会」というボランティアのグループの皆さんが、駅舎などの清掃などの日常管理を行ってくださっています。

普段は駅舎内や車両内には入る事が出来ませんが、6月開催の「月潟まつり」や9月の「大道芸フェスティバル」などのイベントに協賛して、内部を「開放」しているそうです。他にも大型連休や鉄道の日などでも開放する事があるそうです。

詳しくは「かぼちゃ電車保存会」さんのウェブサイトでご確認ください。 → http://kaboden.jimdo.com/

11-tsukigata-densya

駅敷地内には「美空ひばり 越後獅子の唄」の歌碑があります。

12-tsukigata-densya

横にあるボタンを押すと、美空ひばりさんの歌声が流れてくるという優れものです。

駅正面側には「角兵衛地蔵尊」もあります。

また、旧月潟駅舎を中心とした、旧電車線の路線跡の2, 200mが遊歩道として整備されています。「日本の歩きたくなる道500選」にも選ばれているとの事です。

13-tsukigata-densya

実は僕自身は鉄道に関してはほとんど知識も見聞も無いのですが、以前から趣味で「廃墟系」の写真を撮っており、旧新潟交通電車線跡も頻繁に撮影していました。それらの「廃墟」は、この数年の間にすっかり整備されました。廃墟好きとしては少し残念に思ったりもするのですが、こうして当時の駅舎が保存されながら、市民が親しめる空間として整備されているのは、素晴らしい事だと思います。

特に「開放日」は親子でも楽しめると思います。地元のお祭りと併せて開催されるそうですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポット紹介

旧月潟駅(西川水路橋)

  • 新潟市南区月潟2894

かぼちゃ電車保存会


あらきやすしライター あらきやすし(会社員)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top