閉じる

懐かしの喫茶店。昭和44年創業の古町喫茶「マキ」

懐かしの喫茶店。昭和44年創業の古町喫茶「マキ」

佐藤裕子この記事のライター 佐藤 裕子(着物みんぞく女子)

 

古町に数ある喫茶店の中で、老舗といわれている「マキ」に行ってきました。
昭和44年創業。すでに、古町の顔です。

1Fのお好み焼きやさんは、姉妹店だそうです。

sato150130-2

2Fへの階段の壁面には、メニューのサンプル。
定番ですね。

店内は落ち着きのある洋風な空間です。

sato150130-3

スタイリッシュなソファーが「昭和」な良いひとときに誘ってくれます。

sato150130-4

喫茶店ですが、メニューはスイーツにドリンク、洋食にと豊富です。
モーニングには和風セットもあります。
ドリンクメニュー表に、レモンジュースやパインジュースがあるところが、
今の喫茶店には真似ができないところですね!

こちらはK氏の頼んだ、オレンジヨーグルト。

sato150130-5
オレンジソースがきれいです。
上のクリーム部分にはアーモンドチップ。
その下にはヴァニラアイス。
そして、オレンジソースをまとったヨーグルト。
「んんーまいうー!!」とはK氏の感想。甘いクリームとアイスに甘さ控えめのヨーグルト層の相性が抜群だったそうです。

sato150130-6

 

わたくしはブルーベリーロールケーキとレモンテーを注文。

誰が、なんと言おうと、レモンテーです。(お店の方が言うのですから。)
見てください。この、通常の1.5倍はありそうなスライス。

sato150130-7

喫茶店のレモンテーは、他のレモンテーと違うのです。
どこが違うって?
レモンを入れると、紅茶の色が変わるのです。

ふふっ。確かめてみませんか?

sato150130-8

ブルーベリーロールケーキは、さっぱり&しっとり・クリーミーです。

お店の名物(?)の「古町限定スイーツ」は、残念ながらこの日はすでにSoldOutでした。
期間限定なので、再チャレンジしませんとね。

次はT氏の、マキ風かつ丼。お味噌汁も、ついてます。

sato150130-9

写真を撮らせていただいた際に、香りでノックアウトされました。^^
すばらしく、良い香りです。

初めてなのに、香りだけで「間違いなく、美味しい!!」と思える料理。
なかなかお目にかかれないですね。

sato150130-11

カツには醤油ベースの薄味がついているそうです。
お好み次第で、洋風でも和風でも楽しめる味。
奥が深いですねぇ~。

一般的に、かつ丼というとガッツリ系ですが、
やわらかく、あたたかいイメージのかつ丼です。

マキ風の洋食メニュー、いろいろと気になります。

ちなみに、T氏のお父さんは、古町の喫茶店に、昔からよく行かれるそうです。
こちらも、もちろんコース内とのこと。

sato150130-10

すべて、やさしくてホッとする味。です。

お店を見渡すと、常連の方が多いようです。
それがまた、落ち着いた大人な空間を生むのですね。

土曜日の午後には、歌声喫茶になったり、
ジャズストリートの際には、会場にもなるそうです。
ワンドリンクに、気になるモノを頼むのも良いですね。

sato150130-12

マキ風オムライスも、間違いなく美味しそうだし、
ナイトタイムにはアルコールも楽しめます。

昭和44年の創業から、いい意味で、時を止めたお店です。

古町散策の際の、フラッと立ち寄るお店が増えました。
しかも、大人で落ち着ける空間。

歌声喫茶の時には、入るの際にちょっと勇気が必要かも知れません。

次は、マキ風カルボナーラに挑戦しなきゃ。

お店情報

喫茶マキ


佐藤裕子この記事のライター 佐藤 裕子(着物みんぞく女子)

 

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top