閉じる

新潟市秋葉区の居酒屋「武吉」に潜入!隠れ家的な雰囲気が最高

新潟市秋葉区の居酒屋「武吉」に潜入!隠れ家的な雰囲気が最高

鶴巻健太この記事のライター 鶴巻健太(Webライター)

  • 大衆居酒屋もいいけど、
    たまには静かな居酒屋で
    落ち着いて飲みたい。
  • たまには駅前・駅南以外の
    お店で飲みたい。
  • 1人で飲みに行ってみたい。
  • お店のマスターと仲良くなりたい。

そんな人にオススメのお店が、
今回紹介する「武吉:たけきち」です。

お店ができて3〜4年くらいなのですが、
地元では結構有名なお店のようで。

ちょっと前に僕のFBで、
このお店に行ってきました〜と
投稿してみたところ…

「私はもう常連〜」
「広めちゃダメ…」
「結構行くぜ(笑)」など、
それなりの反応がありました。

常連さんの中には
これ以上広めないでくれ!という
想いがあるかもしれませんが。

こうやって記事にしたところで、
読んで興味を持って実際に足を運ぶ人って
ごくわずかだと思います。

・・・ということで。
今回も書きたいように
書かせていただきますね、編集長!

「武吉:たけきち」ってどんなお店?

10393795_725829837508066_1647208650212149900_n

僕が感じた第一印象

見るからに和風っぽい名前で、
お店の外観からはどことな〜く
昭和の雰囲気が漂ってくる気が。
(平成生まれなので、
昭和の雰囲気を知りませんが…笑)

お店に入ると
「いらっしゃいませ〜」という
マスターの声が聞こえるのですが。

僕が初めて見た時の正直な印象は、
え?この人、本当に料理人?
そっち系の人なんじゃないの?
・・・でした。

いや、本当にそうなんです。
黒のハットにキラキラしたネックレス、
そして耳には存在感が抜群のピアス。

一言で表すなら、
「派手で超個性的」

来てはいけない場所に来たのかもしれない。
そんな焦りが最初はありました。

マスターの紹介を簡単に

東京の某大手ホテルで長く働いていて、
若くしてソムリエの資格を取得し。

日本が世界に誇るソムリエ「S.T氏」とも
一緒に働いていたことがあるのだとか。

見た目は強面で超個性的ですが、
マスターが創る料理と
提供してくれるワインは、
間違いなく満足できるものです。

お店の中の様子とメニューについて

  • カウンター:6席
  • 座敷:3人席と4人席
  • 小上がり(掘りごたつ):5人〜6人席

2015-01-25 17.24.55

2015-01-25 17.25.13

お店の広さはこんな感じ。
MAXで20人くらいの規模だと思います。

上を見上げると
漁船に付いているような大漁旗が。

2015-01-25 17.24.21

実際に漁船で使われていたもので、
それを貰った〜と言っていた気がします。
(記憶違いだったらすみません…)

焼き鳥や鶏の唐揚げ、
オニオンリングやししゃもの炙りなど、
居酒屋の定番メニューはもちろん。

menu-1

和・洋・中を問わない
オススメメニューもずらりと。

2015-01-25 16.47.32

また、マスターにわがままを言えば、
それに答えてくれる料理とお酒も
いただくことができます。

ちなみに・・・
僕が訪れた日は1月25日(日)

朝〜夕方まで新津の体育館で
ソフトバレーに参加し、
終わってすぐに武吉へ。

とりあえず生。
あと・・・ブリ刺しお願いしまーす

2015-01-25 16.42.18

この後にも
ブリ刺しを注文したお客さんがいたもですが。

僕が注文で品切れになったみたいで、
ちょっと申し訳ない気持ちになりました…

1人で飲むにも最適

集まるお客さんの
性質もあるのかもしれませんが、
わいわいがやがやする人は
あまりいないな〜と思います。

そういう雰囲気もあってか、
1人で行くことにも全然抵抗がありません。

むしろ、何人も集まっていくより、
1人で行ってマスターと話たり、
他のお客さんと話す方が楽しいと
感じることもあります。

2人〜3人で行くのももちろんOK。
リーズナブルだけど味は抜群。

閉店までがっつり飲んでも、
安く済んでしまうと思います。

まとめ

新潟駅前・駅南以外で
たまには飲みたいな〜という時や、
1人で飲めるようなお店ってないかな〜
という時。

ちょっと離れた場所ではありますが、
新潟市秋葉区の隠れ家的居酒屋
武吉」に行ってみてはいかがでしょうか?^^

自信を持って紹介できる、
ここにしかないお店です。

お店情報

武吉(たけきち)

  • 新潟市秋葉区山谷町2丁目21-15
  • TEL:0250-24-7771
  • 営業時間:16:00~23:00
  • 定休日:日曜日 祝日

 


鶴巻健太この記事のライター 鶴巻健太(Webライター)

 

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top