閉じる

新潟市・沼垂の幻のご当地グルメ「勝太郎サンド」と、ご当地バンド「マンダムズ」が初コラボ!

新潟市・沼垂の幻のご当地グルメ「勝太郎サンド」と、ご当地バンド「マンダムズ」が初コラボ!

この記事のライター 佐藤 裕子(着物みんぞく女子)

先日、幻のご当地グルメの情報をGetしに新潟LOTSへ行ってきました。

「なぜ、新潟Lots?」実はこの度、新潟LOTSにあの幻のご当地グルメが初登場を果たしたのです。

6/14(土)新潟LOTSで行われた、新潟を拠点に活動するバンド「The Mandumz(マンダムズ)」のライブ。The Mandumz2014華麗なる賭け。マキシシングル発売記念となる、レコ初ライブの企画でした。

そうです。幻のご当地グルメの名は、「勝太郎サンド」。昭和初頭に大活躍した新潟県・沼垂地域出身の女性歌手「小唄勝太郎」さんにちなんだ名称です。

画像引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%94%84%E5%8B%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E

幻の「勝太郎サンド」は通常販売はしていなくて、イベントの際に販売するそうです。

そして、沼垂地区を出るのは、なんと今回が初めてなのです。

その勝太郎サンドがこちら!

satohiroko02-1

キャベツの入った、カツバーガーです。

柔らかめのバンズの上には、ゴマがたっぷり♪お味の方は、優しいソース味です。

satohiroko02-2

老若男女に好まれる、この味は、まさしく一世を風靡した、小唄勝太郎さんの名を冠しても、はずかしくないですわ。

食べたい方は、沼垂地区のイベントを、要チェックです。機会は、年に数回しかありませんよ!

ご存知?マンダムズ

さて、忘れてはいけないこのイベントはマンダムズのレコ初ライブの企画です。

マンダムズは、ロック・ジャズ・ソウルなどで、活躍している新潟のミュージシャンが、集って結成したバンド。演奏の腕は、お墨付き。プログレのお遊びは、毎度のこと。

聞かせるヴォーカル。魅せるステージ。元気なかった人も、笑顔で帰っちゃいます。

昭和歌謡テイストなメロデイーアレンジは、ちょっと先輩方には、懐かしく。若い方には、新しくに、心に響きます。

画像:マンダムズウェブサイトをキャプチャー

画像:マンダムズウェブサイトをキャプチャー

今回のマンダムズさんのライブは、7年前のアルバムから、シングルカットしたもの。「札幌の女 節子さん2014」Rimixヴァージョンです。全国発売に向けて、すべてをグレードアップした、自信作。

馴染みやすいメロディーは、初めての人でも、口ずさめます。他に、代表曲「DISCO下町」と、「うめ」も収録。プラス、それぞれのインストゥルメンタル付きで、総勢6曲収録。

新潟で、こんなバンドあったんだなぁ。と、ウキウキしちゃいました。

satohiroko02-3

「地場産歌謡ロック」と、言われるマンダムズ。この後、佐渡やら、お祭りやらに、参上するそうです。

地元のお祭りで見かけたら、声援よろしく。年末には、シルバーホテルで、ライブですって。

(去年は、おでん付き。だったそうです。)

カレンダーに、チェックしましょう♪


佐藤裕子ライター 佐藤 裕子(着物みんぞく女子)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top