閉じる

gallery Dorei “しょ”ってなんなん!?~ 華雪展 2~

gallery Dorei   “しょ”ってなんなん!?~ 華雪展  2~

この記事のライター みほてぃ(大学生)

こんにちはgarlley Dorei みほてぃです。気軽にギャラリーへ!書の「家を巡る」華雪展に行こうシリーズ第二回です。

というわけで、今日(七日)も新潟絵屋(http://niigata-eya.jp)にやってきました!

注:「家を巡る」華雪展は6月10日までです。

(華雪さんのHP  http://www.kasetsu.info )

mihothi02-2

国際情報大学古町キャンパスからあるくと、こんな感じに新潟絵屋が見えます。

~「家を巡る」華雪展について復習~

華雪展1の記事はこちら URL:「gallery Dorei “しょ”ってなんなん!?~ 華雪展 1~」

  • 「家」と書かれた書の展示
  • 展示の仕方がおもしろい
  • 毎日展示の仕方が変わる

それでは入りましょう!「こんにちは〜」

mihothi02-1

わ!

「家」の書が増えている!

しかも自由に「家」の間を通れるから、知らない住宅街を探検してる気分。

(まあ、さっきまで内野でつるさんぽhttp://tsuruhashibooks.publishers.fm/issue/873/についていったせいもあるかもだけど…)

mihothi02-3 mihothi02-4わ!足元!

ビニール袋に「書」!??こんな展示見たことない!しかも黒い紙に書かれているからよく「家」が見えないなぁ…?

さてここで質問です。みなさんはこの「家」はどんな「家」だと思いますか?

(わたしも考え中)

わたしは最初アパートかなぁ、と思ったのですが、ビニールっていうちょっと弱くて透明な袋に、真っ黒い「家」! っていう書からビジネスホテルっていうのもありかなぁ、と思います。疲れたサラリーマンが一時的に出張で泊まる的な…うぬうぬ…

みなさんはどう思います?

10366247_647113805378675_4068815100949242756_n

さて、一番気になったのはこの「家」。

部屋の真ん中に展示されていたのですが…なんだか家の字の回りの紙が色が違うぞ?もしかして書き立て??

???

と思っていましたら、なんとギャラリーに華雪さん本人が…!!

mihothi02-5

(写真が下手で申し訳ないです。本当はもっと美人な方なのですよ…)

これがギャラリーの醍醐味。作り手さんと直にあって話せるんです!…でも、緊張しますよね。そんな時は素朴な疑問や、「一番お気に入りはこれです」とか、軽く挨拶をして話すと、おもしろい話が聴けますよ!

というわけで、あの墨の周りの色が違う書について質問してみました。

みほてぃ(以下み):こんにちは、なんでこの書のここだけ紙の色が違うんですか?書き立てなのですか?

華雪さん(以下華):実はこれ、墨に油を混ぜて書いているんです。日の光にかざすと透明になるんですよ。

本当だ!裏からばかり見ていたから気づかなかったわたし…。

mihothi02-7

み:油なんて使うんですか!?初めて聞きました!おもしろいですね。

華:油を使うと、制作の経過が残せるんです。迷ったところとか、書かれた後でもわかるんです。そういうところを見せたくて。

ふむふむ。「なんだか色が違うな。あ、そうなんだここから見ると透明なんだ」とだけ思って見ていたので、華雪さんがこの「家」をどう書いたのかなと、なんとなーく想像して見てみます。

今まで「書」って墨の部分だけが筆が通ったところだと思っていたので(と書道の時間を思い出す)、「実はそれ以外にも筆の痕跡が紙に記憶されているんだ。それで油がそれを見せてくれているんだなぁ」、と。

うおーと思いました。

…にしても、この「家」ってどんな「家」???みなさんはどう思いますか?

正直に言います。わたしはこの作品の前に立って想像の羽を広げていましたが(連続テレビ小説より)、とらえられませんでした。どんな「家」かな、と思うと、華雪さんが書いた「家」がするするする〜っとどんどん形を変えてしまうのです。謎。

み:この「家」だけ具体的にどんな「家」か想像できません。他のはできたのに…なんだかとらえられないです。

華:そうですか!嬉しいです。褒め言葉です。

何気無く言った感想だったのですが、華雪さんは少し嬉しそうでした。なんとなくこっ恥ずかしくなるわたし。 (こう見えて、恥ずかしがり屋さんなんですよ!)

わたしにとって「書」とは、=小学校の時の書道の時間でした。いままで。見本通りに書いて、壁に画鋲で貼られる。うまく書ければ先生に褒められるし嬉しいけど…という感じでした。

だから、華雪さんの「家を巡る」という展示を見た時の衝撃。「やっぱり漢字は絵から生まれたんだ〜」っていう素朴な納得と、もくもくとひろがる想像力。

しかも今回なんて書を裏から見れるんですよ⁉︎見たことあります⁉︎

mihothi02-8

興味を持たれた方、華雪さんのつくった「家」の合間を抜いながら、ギャラリーの中を探検してみませんか?

さて!「家を巡る」華雪展レポも次で最後です!最後は8日に行われた華雪さんのワークショップに参加します。子どもたちは一体なにをするのかな〜?

こうご期待!

ギャラリー情報

新潟絵屋

  • 住所:新潟市中央区上大川前通10番町1864
  • TEL & FAX:025-222-6888
  • 公式サイト:http://niigata-eya.jp/

みほてぃライター みほてぃ(大学生)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top