閉じる

映画で「世界の食卓」を味わおう!第24回にいがた国際映画祭が始まっています!

映画で「世界の食卓」を味わおう!第24回にいがた国際映画祭が始まっています!

この記事のライター 佐藤裕子(着物みんぞく女子)

第24回目の、にいがた国際映画祭が始まっています。

今年は、10作品。9ケ国のエントリー。1ケ国当たり、1作品。厳選したエントリーですね。

にいがた国際映画祭の、メイン上映会場である新潟・市民映画館シネ・ウィンドでの開催は、6/7(土)~6/13(金)。気になる映画を、チェックして、バビュンと、見に行きましょう。

eigasai02

画像引用:第24回にいがた国際映画祭公式パンフレットよりキャプチャ

今年は「映画で味わう世界の食卓」というテーマで「食」に関する映画が中心ですね。

  • 「イラン式料理本」 イラン
  • 「スタンリーのお弁当箱」 インド
  • 「大統領の料理人」 フランス
  • 「地中海式人生のレシピ」 スペイン

私のおすすめは、「スタンリーのお弁当箱」。

eigasai03

画像引用:第24回にいがた国際映画祭公式パンフレットよりキャプチャ

ボリウッド映画(インド・ムンバイの映画産業全般につけられた俗称)なのに、歌も踊りも無いそうです。

しかも、96分という。『えッ。インド映画?』な、ショートムービー。前に見た、ボリウッド映画の「ボンベイ」は、インターミッション(途中休憩)があって、3時間くらいある超大作でした。

テーマは、学校とお弁当。親子で、楽しんで見れる映画です。

インド・イラン映画を見る際に、Yes・Noのジェスチャーが、日本とは、逆なので、チェックしましょう。

  • Yes=首をかしげる。
  • No=うなずく。

インドのお弁当といえば、大きな駅から、仕事先まで運ぶ仕事がありました。今でも、続いてるのかしら。(お弁当屋さんじゃなくて、各家庭からの委託)

また、この映画祭では大スターのデビューに、遭遇できたりします。

今回は、「ヴィオレッタ」の、アナマリア・ヴァルトロメイが気になりますね。

ピンナップの存在感が、そんな予感を感じさせます。

eigasai04

画像引用:第24回にいがた国際映画祭公式パンフレットよりキャプチャ

1週間じゃ、勿体ない作品ばかりです。是非、チェックしてみましょう。

 

映画祭でのの上映作品ではないですが、今シネ・ウインドさんで上映している映画で個人的に、気になるのが「バチカンで逢いましょう」という作品です。

“シネマ・トラベラーズ/映画で行く、おとなの女の一人旅”。『カイロ・タイム~異邦人~』『バチカンで逢いましょう』

画像引用:バチカンで逢いましょう公式サイトを画面キャプチャ

マリアンネ・ゼーゲブレヒトの「バグダット・カフェ」は、シネ・ウィンドさんで、何回もアンコール上演されてますからね。

元気なマリアネさんからは、Powerが、もらえますわ。^^

新潟シネ・ウィンドさんは、『おっ。』という、話題作をPicku-upして上映してくれる、素敵な映画館です。

映画好きは、要チェックですよ。

イベント情報

第24回にいがた国際映画祭

  • 日時:6/7(土)〜6/13(金)
  • 会場:新潟・市民映画館シネ・ウインド
  • 住所:〒950-0909 新潟市中央区八千代2-1-1 万代シテイ第2駐車場ビル1階
  • 公式サイト:http://niffec.com/

佐藤裕子ライター 佐藤裕子(着物みんぞく女子)

スポンサーリンク

こちらの記事はいかがでしたか?気に入って頂けたらシェアをお願いします!

更新情報はこちらで配信しています


Return Top